ストリートフォーマル 大航海時代Online Astraios フランス スナイデルの備忘録的なブログ

プロフィール

スナイデル

Author:スナイデル
Astraios フランス国籍
旧Euros 元ネーデルラント

好きなこと:
レアハント、大海戦の工作
くらうでぃ屋
料理、ガンプラ

*プロフィール画像には作者様に著作権があります
無断転用はお控えください

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

カウンタ

検索フォーム

著作物利用規約

『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WCセウタ大海戦:秋風吹く卒業式


唐突に始まった歴史事件による大海戦
装備の強化はあきらめて、練成砲撃系だけは何とかR13まで戻して参戦

土日参加の予定だったけど、土曜は急用が入って不参加
初日の様子を聞き、「じゃあ今日はこうしようか?」という話までしてたので出たかったんだけどね。でも、そんなときに自分の思い(具体的には、200個の人知系アイテム)を託せるメンバーがいるのはありがたいこと


そして、迎えた最終日
もずっこ隊の卒業式でもありました

封鎖4隊、工作3隊 30人を超える大所帯でしたね

立ち上がりは司令位置をつかめず、からまれまくりで思うようにいかないのは毎度のこと
感覚を取り戻して以降は、いつも通りのペースでバルセロナ要塞へ工作をかけつつ、他の隊への指示出しと全体の戦況を確認、確認

ポル陣営に集ったあの工作隊の面子で、セウタとの綱引きに負けるはずもなく、終始攻勢をかける
セウタへの手当ても、もずっこ工作班でもっとも柔軟に対応できるあさ隊に依頼。うちとつね隊は安心してバルサとアルジェ西司令を往復してました

おそらく、中型終わりには、切り札を使い切らせたんじゃないでしょうか
封鎖班のがんばりが、本来はアルジェ西を封鎖するはずの敵艦隊を解除へ向かわせた。結果、ほとんどの時間帯でアルジェ西はフリー状態を作り出せました
また、バルサの砲撃カットが増えてきたら、工作へ切り替えたり、パルマやマラガへ砲撃を加えて敵を呼び寄せるなど、ほぼパーフェクトな形で3時間の組み立てができました

ポル陣営ぐっじょぶ!

でも、落とせなかったね
惜しむらくは、パルマとマラガの攻撃を一本化できていれば、バルサとの2正面になってどちらかを落とせたかなという気はしました


要塞戦は忍耐です
工作隊と構築隊はひたすら司令と要塞の単調な往復
封鎖隊は決して司令付近を離れず、敵艦隊を待ち続ける
砲撃カット隊も、要塞前から離れてはダメ

これらを3時間通してできなければ、相手に付け入るスキを与えます
もずっこ隊は柔軟な対応力が売りだけど、決してフラフラしてません。自分たちで、自分たちに課した役割を最後までまっとうすることができる
そのへんが、他の要塞艦隊との決定的な差です。忍耐力が違うんだよ(偉そうw


卒業写真
151015_syugou.jpg




***

もずっこ隊
工作と封鎖の両方を有する大所帯は他にはないよね。培ってきたノウハウや経験・実績も他の追随を許さない
参加した誰もが「楽しい」と言う雰囲気も、きっとホントに良いのでしょう(ずっと中にいるのでわからない)

その中で、主に工作班の全体指揮を執らせてもらいました
封鎖班への無茶な依頼や、時には陣営方針に背いた行動も取りました。それでも、罷免されることなく、ずっと工作班長を任せてくれたあさっこさんともずっこメンバーに感謝します


卒業
つまり、あらたな門出です

これからどうしようと思ってるメンバーは多いですよね
どうするつもりなんだろうと思ってる外野の方もいますよね

ホント、どうなるんでしょうねw


艦隊長がブログで書いてる通り、事前の相談は一切ありませんでした
こんなに大事なことなのにね。でも、責める気持ちはまったくわかず、「おつかれさま」という思いしかなく、自然と受け入れることができました

外野から見ると、たくさんのメンバーが勝手にわらわら集まってきてると思われてるかもしれません
そんなことは一切ないですよ。艦隊を仕切ってる方や、あるいは商会長をされてる方なら容易に想像できるはずですが、人を集めることがどれほどたいへんか

手分けしてメールを流し、なかなか返ってこない回答にやきもきし、事前会議の会場でスカウトしたり、商会艦隊との連携を模索したり。。。

週末の3日間、20時~23時。1時間ずつ区切れば、9コマあるんですよね
参加者には、この9コマ分の予定を細かく聞いて、その日の艦隊編成をおおまかに決める
土曜の私のようにドタキャンする人もいる。日曜の封鎖班のように、急に連携艦隊を募ることもある
予定の時間から遅刻する人もいれば、予定より早くINする人もいる。しかも、メンバーのレベルも志向もバラバラ

あさっこさんの何がすごいって、こんな編成を海戦中に決めつつも、自分も楽しんでるところ
結局、それがメンバーに伝わって、茶室の雰囲気を良くしていたんだろうね

それでも、しんどくないはずはなく、何度か愚痴みたいなのも聞いてたから、やっぱり「おつかれさま」という言葉しか出てこない
だから、私は駄々こねないで卒業します


もし次回の海戦に出られるなら、、
これまで不義理を続けてきた所属商会の人たちと出たいかなぁ
あとは、ココさんといっしょにワー茶を盛り上げるとか。フランスが主戦なら、反省会の司会をするとか。やってみたいことはいくつかあるな


<< ラスパルマス大海戦:狩りんとう、おいしい | ホーム | キャンプ続行(ひとりで) >>


コメント

クマスナさんもお疲れ様ですi-179

工作番長として、
大活躍だったスナさんi-185

色々なアイテムの組み合わせを検証して、
経験を積み上げて来て、
まさにもずっこ隊には無くてはならない存在だったよねi-185

工作と封鎖で別れる事が多かったけど、
スナさんの工作艦隊で出た時に、すごく実感してますi-185

そして何より、
メンバーの誰をも賞賛してる所が、すごくいいなって思ってましたi-179
やっぱり雰囲気や空気って大事だし、
それだけで士気もあがるし、
そういう所って素敵だなって思いますi-185

ありがとうございましたi-189

彩さんへ

お返事がずいぶん遅れましたm(__)m

お褒めに預かりまして、天狗なみの高い鼻になりそうです
(さては持ち上げて、落とす作戦ですね。。)

中心メンバーは確かにいたけど、みんなで不足を補い合って出来上がったもずっこ隊だよね
これからは、卒業生の誰かがいつでもいる居酒屋的な場所になってくのかな^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。