ストリートフォーマル 大航海時代Online Astraios フランス スナイデルの備忘録的なブログ

プロフィール

スナイデル

Author:スナイデル
Astraios フランス国籍
旧Euros 元ネーデルラント

好きなこと:
レアハント、大海戦の工作
くらうでぃ屋
料理、ガンプラ

*プロフィール画像には作者様に著作権があります
無断転用はお控えください

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

カウンタ

検索フォーム

著作物利用規約

『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャカルタ大海戦1日目:洋上アメフトの成果?

はじまりました
ジャワ海、シャム湾を海域とするジャカルタ大海戦

まずは、フランス・ポルトガル陣営のおさらいから

クエ受け&集合場所は、ヤーディン(現在のホーチミン)です

この海戦のために、フランス有志が旗を変え、ヴェネツィア側も対抗投資に出ることなく、この3日間は確保することができました
このヤーディンが確保できなければ、参加者はものすごく減ったと思います
そういう意味で、ヴェネツィア側のスポーツマンシップというか紳士的な対応には感謝の言葉もありませんm(__)m

さて、海戦海域はこんな状況です(つねちゃん作成、ありがとう)
bb20150116.jpg
は味方の司令、は味方要塞
は相手側の司令、は相手要塞

見ての通り、要塞数で相手側に大きなアドバンテージがあり、シャム湾の司令位置は不利です。一方、ジャワ海は初めての海域ということもあり、当日まで不明でしたが、なかなか良い位置でした

懸念された人数差は、ものすごく開いているわけではなく、3:4くらいの比率だったようです
ネデからの応援も多数ありました。私の前所属商会ゼローラからも、海戦ビギナーの方までがはるばる遠征してきてくれました。この場を借りまして、ありがとうm(__)m

我々もずっこ隊の主任務となる要塞戦に関しては、かなり苦戦しました
序盤こそ工作を進められましたが、中盤からは構築にまわらざるを得なかったです。その構築も、相手の司令封鎖が厳しく、慣れてる私でも司令船タッチに苦労しました^^;

スナ隊メンバー
 ファーランス、キョウエイ・マーチ、あさっこ、RC.S、フィル・フィー


構築は、とにかく司令受けてからは、ひとりでも無事にヤーディンに運ぶこと。それを意識してました

象徴的だったのは、ヤーディン西司令からヤーディンまで、イングのジョ◯フさんたちにずっと追いかけられたシーン
5,6回仕掛けられたのかな。その度に逃げて、でも旗の私を守るために、僚艦が反転するので、戦闘終了後に追従が切れるんですね

でも、私は見捨てる
ひとりだけでも、ピンチのヤーディンに連れて行きたいから

結果、4人中2人は構築できました
艦隊の思いが一致してるから、メンバー全員が自分の役割を暗黙の了解で果たす。美しいシーンだったと思います^^

相手も良かった
ジ◯セフさんに追いかけられるのは、過去2回の洋上アメフトで慣れてるので怖くないw
(洋上アメフトは追いかける側なんだけど)

そんなこんなで、ヤーディンこそ守り切れたけど、要塞ポイントと大型での艦隊戦で負けちゃいました
でも、充実した3時間だったよね? 
私たち、やりきった^^

集合写真
150117_daikaisen_01.jpg
2日目以降は、ここが集合場所になります
よろしくお願いします

反省会も終わって、だらだらおしゃべりタイム

ひとり抜け、ふたり抜ける中、ひなちゃんが来てくれて、みんなで彩さんのコタツ服を囲んでたんだけど、気づいたらコタパン(なべさん命名)だけでなく、女性陣がみんないなくなり、、、

こんな、むさい感じに・・・
150117_daikaisen_02.jpg
3人の真ん中にコタパンがいたのです

でも、まじめに作戦会議したりして、初日の夜はふけていきましたw

<< ジャカルタ大海戦:屍を越えて作戦 | ホーム | 事前会議のお知らせと「故郷と呼べる場所」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。