ストリートフォーマル 大航海時代Online Astraios フランス スナイデルの備忘録的なブログ

プロフィール

スナイデル

Author:スナイデル
Astraios フランス国籍
旧Euros 元ネーデルラント

好きなこと:
レアハント、大海戦の工作
くらうでぃ屋
料理、ガンプラ

*プロフィール画像には作者様に著作権があります
無断転用はお控えください

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

カウンタ

検索フォーム

著作物利用規約

『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンツィヒ大海戦:ある工作屋の視点


まずは全体写真です

150525_syugosyashin.jpg
(クリックしても大きくなりません)

前からの撮影は誰かがアップするでしょう
疲れ果てて?離席してる身内がしのびないので、私は背後から


残念ながら負けました
ただ、大敗の確定してた日曜にも関わらず、WCも要塞茶室も終始、悲壮感や厭戦気分とは無縁な、とても心地よい雰囲気でした

士気を上げるコツはわかんないけれど、個人的には大将が前線に出ると、おおっ!てなります
イスパ陣営の司令官・朧さん、土曜は大型から、日曜は中型から、前線に出てくれました。私の気持ちは盛り上がりましたよ


以下、工作屋から見た陣営の動向をライブ形式でどうぞ
主観が入ってるので、事実と異なったり、誇張した表現もありますが、どうかお許しを


金曜:
ハンブルクへの集中攻撃とバルト海の各要塞への陽動だったと思いますが、私自身が参戦してないので割愛
艦隊戦では優勢、要塞ポイントで大きく負け越し


土曜:
陣営の作戦は、散発的な攻撃から、中型スタートと同時にコッコラへの集中攻撃
これ思い切った作戦ですが、とっても効果的なんです
なぜなら、イング陣営は8個の要塞を抱え、構築物資の配備に頭を悩ませてたはず。したがって、手薄な要塞をねらえば一発がありえた

私の部隊は、ひとまずコッコラから一番遠いハンブルクへの工作
すでに御家芸となりつつあるフランスの開幕15分艦砲を実践すべく、近くの工作隊に呼びかけ
道筋をつけたところでバルト海へ転進

バルト海では、あちこちへ顔を出しつつ、地形と司令位置を頭に叩き込みます
(私にとっては土曜が初日だからね^^;)

そして、中型スタートで作戦通りにコッコラへ
当たり前だけど、構築するイング陣営は後手にまわります。ただ、対応はさすがに速い
20分もすれば、構築隊が押し寄せ、司令封鎖も敷かれ、握りかけた主導権は転がってく・・・

ハンブへの工作が並行して継続されていれば、というのはないものねだり
イスパ陣営に打つ手はなく、散発的な工作を重ねるにとどまりました

私は大型からハンブへ戻って工作
味方が司令を確保してたし、港前の艦隊戦も押してたので、やれるとこまでやってみようという感じでしたが、脅威を与えるに至らず終了


日曜:
前日の反省を活かして、さらに作戦を厚くして臨んだ最終日
開幕15分でハンブルクを艦砲可能な状態にもっていき、要塞茶室に砲撃要請を流しました(傭兵とか関係ないからね、言うべきことは言うよ)

でも、ハンブは陽動
攻める姿勢を相手に見せたところで、私はリューベックへ移動
行動を共にしたイスパ王立EM艦隊のサンポールさんたちへその旨を伝え、リュべ北西の司令確保を依頼
しばらくはリュべの工作
でも、リュべもその後の布石の1つにすぎない

陣営として、中型スタートと同時に攻めたのはダンツィヒ
攻略対象港なので補給はできないけれど司令が近い。司令位置は相手に有利な配置なので、ここでどれだけやれるか疑問符はあったけど、手つかずのダンツは資材が薄い可能性があった

ただ、やたらと対応の速いイング陣営
情報漏洩を確信したけど、どうにもならないのでダンツは味方に任せて、私はコッコラへ

前日はここで行き詰ったので、今日はもう1つ重ねようと提案してました
ただ、大型スタートと同時にどこを攻めるか、この時点では決まってなかった
私の中では、リュべ or コッコラ

総攻撃に向けた下地を作るべくコッコラをこっそり工作
・・・するはずだったんだけど、なぜかコッコラで待機してたのはもずっこ隊。マジか?w
手のうちを知り尽くした身内だから行動を読まれたのかもしれないけど、こっちだってわかってる
私の方が3倍速い(たぶん)。あと、あさっこさんは座礁する(絶対)

数回往復して、もずっこ以外の構築隊を見るようになったので、コッコラは撤退
一度、工作経験済みのリュべならオール100のステータスからでもやれる。サンポールさんたちも近くにいるっぽいので、リュべ方面に舵切り

ほどなくして、朧さんから「目標はリュべでどうですか?」との問いかけが要塞茶室に流れる

お願いなんていらないよ
すでに向かってる私の読みと、朧さんの感覚はおなじだったんだろね(安心


ラスト大激闘の舞台はリューベック

一番乗りして工作開始

ほどなくしてネデ工作のひよっこ隊、オフェ隊も到着。王立EMの解除艦隊やイス陣営の対人艦隊も到着
イング陣営の構築、封鎖も徐々に姿を見せたけど、もう転進はない。ここを最後まで攻め抜くのみ

 屍を越えて作戦発動

文字通り、捕まった味方は見捨てて工作を継続
私も僚艦を置いてったり、逆に私が置いてかれたり。潰れるサンポール隊を乗り越えて工作、工作、工作

150525_kantai.jpg

スキをみて艦砲、艦砲

150525_kanpou.jpg


正直、イング陣営の強さを支える封鎖艦隊の無力化には成功してた
ただ、もうひとつの強さである回復力(いざとなればN狩りも対人も構築にまわる)を、イスパ陣営がうわまることはできなかった

無念

だけど、やりきったという思いもある
後悔はあんまりない

だからかな、晴れ晴れとした気持ちで集合写真に写ることができました^^


もうちょっとだけ個人トピックスつづきます


○艦砲への道筋

当初、悩んだのは要塞の攻撃ステータス
というのも、ポル工作エースにして、私がもっとも頼りとするアシュリンさんがイング側ということで、攻撃ステータスを削る人がいない
攻撃ステータスを削らなければ、小型船の耐久では要塞の反撃で即沈

じゃあ、どうするか?

ヒントをくれたのは、初心者だった私に工作のイロハを伝授してくれた道三さん

要塞をピヨモヤ状態にしてしまえば、小型でも艦砲可能なんです
攻撃ステータス100でも、被ダメは50弱。防御ステータスが残ってても、ピヨ化と要塞砲撃用の大砲により耐久は目に見えて減ることを確認

この流れを実戦の中で試すことができた
もちろん、特殊効果の発生は100%ではないけど、限りなく100%にする手段も、ようやく実証確認が取れた


○連携艦隊の可能性

フィルさんに付き合ってもらい、いつものもずっこ隊を離れて臨んだ今回の大海戦
イスパの王立EMグループに混ぜてもらった話は前回の記事に書きました。サンポールさんが率いる工作&雑食艦隊です

土曜は工作3隊を作りましたが、時間がたつにつれてバラバラに・・・
日曜は封鎖解除隊2、工作隊2の編成で、工作隊を任せてもらいました(解除隊やれ言われてもできないが)

本文でも書いたけど、封鎖解除と工作の連携がすばらしかったです
対人慣れしたサンポールさんたち王立EMのみなさん、工作慣れした私やフィリスさん。初めての連携でここまでできるんだと感動するレベルでした

おかげで、日曜の戦功がすごいことに

150525_seiseki.jpg

N狩りが1、残りはぜんぶ工作です
トータル42回(4.3分に1回)の工作
前日の25回を大きく上まわれたのは、やはりタイミングの良い封鎖解除のおかげでしょう^^


○数字的なもの

42回の工作のうち、38回がコンボでした
溜弾突っ込んだ回もあるので、ほとんど100%ですね

コンボは狙わないと出せないけど、必ず出るものじゃない
その確率を左右するのは、実は艦隊メンバーです。土曜に引き続き、日曜のメンバーにもめぐまれました
マリさん、アマミさん、ありがとう

アマミさんはダンジョン倶楽部で何度かごいっしょしてるので良いとして、マリさんは最初の引き合わせで、腹の探り合いをした間柄共闘が可能かどうかを話し合った間柄
私はわりと人見知りなので緊張してましたが、看板あげてくれたりで盛り上げてもらいました^^


あっと、数字の話

撤退率は20戦して12撤退
大型は特に、土曜よりも厳しい場所で工作してたので上出来じゃないかと

ただ、バトルアナラザを眺めてると、マリさんとアマミさんには与撃沈があるんですよね
私は逃げることしか考えてなかったけど、もしかして勝てた戦闘もあったんじゃないか、あるいは勝てそうな相手には仕掛けても良かったんじゃないかと反省


いい加減、長くなってきたな
そろそろ〆ましょう

土曜に僚艦はいってもらったヴァンさん、レオンさん
日曜に僚艦はいってもらったマリさん、アマミさん
それから、茶室をごいっしょしてもらったサンポール総帥と王立EMグループのみなさん(そいや、◯さんやセリスさんもいたな)
たいへんお世話になりましたm(__)m

とても良い経験をさせてもらいました

ありがとう!


<< 5月のあれやこれや | ホーム | ダンツィヒ大海戦:凛々しく戦う >>


コメント

戦功すごい@@

3日目のハンブ転進リュベは(あ、やられた)って思いましたw
ハンブ離れてたんだけど、そこから移動してすぐのリュベでしたからね。

後で自分ブログにも書くのでここでは控えますが、一点だけ。
スナさんが、完全に読みを間違っていたところがあるのですw

あさっこは、今回ほぼ旗をやっていません。
(初日の大型と、三日目の大型15分くらい)
なので、座礁なし。座礁による時間ロスはゼロでした。

これは読めまい!!!ww


前にも陣営分かれたことあったけど、
今回はその時とはまた違った意味合いになったと思います。

お互いがんばりましたねwお疲れ様でした!

相変わらずすごい工作回数ですなぁ~。
数字にこだわるところが貴卿らしい。
私は今回あまり要塞に関われず、戦闘でいっぱいいっぱいでしたが、なんだか楽しかったという印象でございます。

大海戦お疲れ様でした
 
凄まじい工作回数ですね~
貴方がネデから亡命してしまった事が
残念でなりませんなww
 
次は敵となるか味方となるか定かではありませんが
次回もお互い気張っていきましょう!
 

大海戦お疲れさまでしたーi-197

そして日曜の旗ありがとうございますi-179
味方司令船に封鎖部隊がいても、事もなくかわして司令を受けてゆく華麗な操船i-102と、周りに敵の増援が増えてきて、次、工作行ったら敵に捕まるかどうかの引き際の判断i-84
と同時に、次に動くべき場所の読みの速さi-190
あたしも海戦では同じように工作をやってる立場ですけど、ちょっとマネ出来ないようなセンスが光っていて、素敵でしたi-189

一緒に来てくださったフィルさんも旗艦の補佐としてしっかりお仕事をされるお人で、お二人がとても良いコンビなのを感じますi-228

(ていうかフィルさんの出してくれる看板!><
これがさ、またいっぱいあって、超かわいいー)


でも、今回一緒に艦隊を組んでもらうまで、スナイデルさんてどんな人なのか分かってなくてi-202
あたしがスナイデルさんについて知っている事と言えば、普段の所属がフランスの誇る要塞部隊の『もずっこ隊』で、そこの工作隊の旗艦を務めてる人っていう事くらい、、、

そんなすごい人が今回なぜイスパに、、、?
しっかも、うちの艦隊に?(・・;

もぅただただ、ドキドキでした><

もしホントにうちの艦隊と一緒に行動して下さるなら提案してみたい事もたくさんあったし、でもでもあの時間、こちらの艦隊長はもう落ちていたので、どうしていいかわからずi-201i-201
工作のプロが来てくれる申し出、うちの艦隊長は絶対OKしてくれるはずなんだけど、、、i-185
そうは思っててもはっきりとしたお返事をその場で出す事が出来なくて、ごめんなさいi-241
腹の探り合いとかそういうつもりじゃないんですi-6

あと、情報の漏えいを心配なさっているようでしたけど、大丈夫ですi-179
少なくともうちの艦隊にはお二人を疑いの目で見たりする人もいなかったし、
(それにたぶん他のイスパの人もネデの人も、今までの海戦で、作戦漏れなんて感じる事はよくある事で、ほとんどの人が気にしてないかも)


フランスとイスパが連盟なんてi-200今では考えられないかもしれませんけど、また一緒に出来る機会が来るといいですよねi-265

また遊んで下さいi-185
ありがとうございましたi-179

大海戦お疲れ様でした~
戦功見て驚きましたw 工作だけでこんなに戦功貰えたなんて初めてです。^^

スナイデルさんの判断力や工作のやり方等 勉強に成りました。
味方なら心強いけど、敵艦となると怖いデスネ

>ぷらさん
お互いがんばりましたね、と言ってくれるとありがたいです^^
表立って反対しないとは思ってたけど、こころよく相手陣営に送り出してくれてありがとうm(__)m
私は良い艦隊長をもちました

>タカさん
ちゃんと見てましたよ^^
司令付近で戦ってくれる味方がいるからこそ、私たち工作隊が数をこなせます
ありがとうm(__)m

>オフェさん
そやって、笑って言ってくれると気が楽になる
私の故国はいつでもネデだし、なるべく駆けつけますよ

どうかネデ工作隊を牽引する存在になってください
(自分にできなかったことを押し付けるww)

大海戦、お疲れでごわすぅ♪
伝え聞くにイスパ健闘だったとの事.
仔細については把握していませんが、記事を読む限りだと今後の工作の課題は戦術面ではなく戦略的な要素に集約されていく傾向は強いのだろうなと.

後、余談ですが陸自予備官してた頃の上官と図上演習してる頃に教えて貰った受け売り

「作戦は3手詰めが理想」

放つ布石の1つ1つが集約する戦果を3手目に纏める事が、最もロスが少ない・・・ラシイ

とりま、今後とも工作艦隊の主力としての活躍に期待しております
( ´∀`)v

おへんじ、その2

>マリさん
まずは受け入れてくださってありがとう
居心地の良い艦隊茶室で、でしゃばりすぎたかもと思いつつも、やるだけのことはやりたかったので言いたいことも言わせてもらいましたm(__)m

そして、とっても素敵なコメントをありがとう
でも、そんなに持ち上げられたら天狗になってしまうのでそのへんで^^;

腹の探りあいは冗談ですからw
すぐにいっしょにできるなと思いましたが、なにせこっちは2人なんで、呑まれないようにとムダに気を張ってしまったようです。。

情報漏れの件はいま思えば原因に思い当たる節があって、それは漏れではなくて、相手側の偵察を誉めるべきことかなぁと
相手が強くて上手くて、悔しかったw

連盟はなくても傭兵があります
いつかぜひまたごいっしょしましょう^^

>アマミさん
ダンジョンのイメージしか持ってなかったアマミさんと大海戦に出る日がくるとは想像してませんでしたw

ほとんど初対面の方ばかりだったので、知り合いがいるってだけで安心感がありましたよ

私の工作のやり方は…門外不出でおねがいしますw

>なばおさん
ゴワスきたーww

教えてもらったことの一つ、
要塞を落とすだけが工作屋の仕事じゃないってこと、ちょっとずつ実践していってますよ

3手詰め…今回はだいぶムダが多かったかもしれないです(反省

次回、乞うご期待(イロイロとね

オスロの空の下より、活躍は聞いておりましたよ。

アシュリンさんは、味方にいると、非常に心強いと思いました。


それにしても、しばらくはのんびり紅茶をすすっていたいところです。これで、また工作対策に頭を悩ますことになるんだろうなぁ。

ベントナーさん

どうもどうも
オスロは唯一の手付かずの要塞でしたね

ベントナーさんがいると知ってれば、ちょっかい出しに行ったのにw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。